F1山田さん

キミ ライコネンとレッドブル ホンダを応援する詳しくないF1好き。

度重なるアクシデントで存在感示せず【キミ・ライコネン #327】

こんにちは。早いもので2020年F1も残り3レース。ここから怒涛の3週連続開催です。

 

毎週F1が観られるのは最高に嬉しいんだけど、ナイトレースだと結局スタート時間が遅くてリアルタイム視聴は無理ゲーなんですよね。。

 

まあまあ、こんな極東まで配信してくれる環境があることに感謝して、見逃し配信で今回もキミさんをフォローしていきます。

 

2020F1バーレーンGPを振り返る

予選

キミ・ライコネン:17位

フリー走行から「決まってない」感のあったキミさん、ていうかアルファロメオ、ていうかフェラーリPU勢。

 

予選でもなかなか脱落圏内を抜け出すことができず、迎えた最終アタック。そこは男キミ=マティアス・ライコネン、やってくれました!

 

 

アタック失敗

 

 

f:id:fumi2020:20201130215624j:image

Q1ノックアウトお約束の光景

キミ:(早退♪ 早退♪)

マーク:(フィジカル追加な)

 

予選後のコメント:

「週末のこれまでのセッションに比べると、マシンは一歩前進したように感じる。以前よりも感触がよくなったが、それでも難しいセッションで、Q1で脱落したのは理想的ではなかった。これが現実なので、明日僕らに何ができるか様子を見よう。これまでのところ、僕らはレースの方がよいので、順位をいくつか上げたい」

 

決勝

キミ・ライコネン:15位

厳しい予選のあとの決勝はどうしても厳しいものになりがちですが、今回はその最たるものに近かったといえます。

 

グロージャンの恐ろしい事故の側で、じつはキミさんも危ないシーンを迎えていたのを覚えているでしょうか?

 

f:id:fumi2020:20201130221232j:image

きっかけは前方の3ワイド

 

f:id:fumi2020:20201130221309j:image

ジョビナッツィとベッテルに遮られ失速するサインツ

 

f:id:fumi2020:20201130221416j:image

たまらず回避行動をとるRAIさん

 

f:id:fumi2020:20201130221459j:image

ただでもダーティな路面なのにランオフエリアなんてカオスです。

みよ!真っ白になったフロントタイヤを。鬼のようなカウンターステアで巧みにコントロール(汗)

 

f:id:fumi2020:20201130221946j:image

壁近っ!!あぶなかった!!

 

ほんとこの人の「ランオフエリア捌き」は天下一品。もしランオフエリアだけでレースしたらタイトル取れると本気で思ってます。

 

このアクシデントでフロアを痛めたキミさん、2回目のスタート後もフロントウイングにダメージ負うなど散々な内容に終始しました。

 

f:id:fumi2020:20201202051428j:image

ジョビナッツィと同士討ち

f:id:fumi2020:20201202051505j:image

あうちっ!

 

決勝後のコメント:

「みんなも言っているように、ロマン(・グロージャン)が無事で良かった。最近では、誰も見たことのないようなクラッシュで、彼が自力で脱出できたのは不幸中の幸いだった。

 それでもレースが再開されれば、クルマに乗っている者たちは、またレースに集中するしかない。残念なことに、僕のレースは早い段階で損なわれた。2度のスタートで、2回ともクルマにダメージを負ったからだ。最初のスタートではフロアを打ち、さらにフロントウイングを壊され、2回目のスタートでは右側のフロアを傷めて、パフォーマンスに大きな影響があった。

 ピットストップ直後の数周は速いのに、ダメージのおかげですぐにペースが落ちてしまったんだ。グリッドに向かう時のクルマのフィーリングは良かった。だが、そのポテンシャルを発揮できずに終わって残念だ。」

 

まとめ

今回はマシン特性的に入賞は難しいミッションだったといえます。ただそれでも、せっかくキミ・ライコネンを擁しているわけだから、チーム側には戦略的にもっと「チャレンジ」してもらいたいな、といつも感じています。

 

具体的には今回のガスリーのようなギャンブルです。とくに苦戦を強いられそうな場面では積極的にチャレンジしてもらいたい。

 

結果は伴わなかったけど、今年のモンツァなどは良いチャレンジをしたわけだから、今後も出来るはずです。

 

 

もう一つ、グロージャンの事故について触れておきます。

 

原因はよく分からんですが、彼が無事に生還してくれたことがまず何よりです。

 

私はヘイローの外観が好きになれず、否定的な感情を抱いていたのは秘密ではありません。今回の件で、これは恥じるべきことだと痛感させられました。

 

あのガードレールのもげ方は、過去のF1レース映像でみたことのある悲惨な事故そのものでした。

 

いかに今のF1マシンが安全であるかということが証明されて、いまはヘイロー装着に納得しかありません。

 

少しまとめが長くなりましたが、どうしてもそれだけでは書きとめておきたくて追記しました。

 

最後に。オンボード映像でヘイローのところに情報表示しているのが好きではないのですが、私だけでしょうか?どうしても「ゲーム感」が出てしまって好きじゃないんですよね〜

  

fumi2020.hatenablog.com

fumi2020.hatenablog.com

fumi2020.hatenablog.com

 

 

角田裕毅に試練。ナイスリカバリーのレース1、最悪の展開となったレース2

こんにちは。F2に関してはハイライト視聴でざっくりフォローしていたのですが、バーレーンGPはフル視聴しました。

 

いやぁ面白かったですね。レース1は。

 

2021年アルファタウリ・ホンダからF1昇格をかける角田裕毅を中心に、残り2戦(4レース)フォローしていきます。

 

fumi2020.hatenablog.com 

2020年F2バーレーンGPを振り返る

レース1

予選でスピンしてまさかの最後尾スタート。

さすがの角田裕毅も人の子。万事休すかと思いましたが、決勝でのリカバリーは見事でしたね。

 

f:id:fumi2020:20201129172721j:image

こういう「非常事態」の場合、スタートで無理してドーンしたり、追い抜きを急いでタイヤ壊したりするドライバーを多々見かけるものですが、角田君はじつに落ち着いていました。

 

ハードタイヤを労りながら全車最多の19周を走破。終盤はフレッシュなミディアムタイヤを活かしてのオーバーテイク連発で6位フィニッシュ。完璧なリカバリーです。

 

とりわけ大きかったのが、入賞者内での最速ラップ記録。これで貴重な2ポイント獲得したわけで、最終的にこれが効いてくると信じています。

 

正直カーリンというチームが、そしてマシンが、どれほどの戦闘力があるのかよく理解していませんが(ごめんなさい)、戦略もレース運びも置かれてる状況下でベストだったようにみえます。

 

レース全体もいい意味でわちゃわちゃしていてとても楽しかった。レース1は。

 

バーレーンGP レース1

1. F・ドルゴヴィッチ

2. C・アイロット

3. J・ダルバラ

ーーーーーーーーーーー

6. 角田 裕毅

 

■ポイントランキング(レース1終了時点)

  1. 203p M・シューマッハ
  2. 191p C・アイロット
  3. 157p 角田裕毅
  4. 150p N・マゼピン
  5. 145p C・ルンガー
  6. 144p R・シュワルツマン

 

レース2

いい感じでリカバリーした後のレース2。

 

マルコちゃんから「勝ってね♡」と熱いコメントを頂いたようで気合が入るところです。

 

3番手から蹴り出し良くトップを狙った角田君、ターン1で一瞬アームストロングに追突されたようにみえたけど、その後しばらく前方のシュワルツマンを追い回す。よかった無事か、と安心した直後…

 

パンクチャーを訴えてスローダウン

 

あ゛ーーやっぱりやられてんじゃん。

追突すんなよピー(放送禁止用語)野郎が!

ヘタクソ!w

 

あまり憶測で書くのは良くない、むしろダメだと決めてるのですが、本音で書かせてください。

 

アームストロングのチームメイトがルンガーって最高に香ばしくないかい?

 

まあまあワザと当てたとまでは思いたくないけど、絶対に譲りたくないという強い気持ちで挑んでいたのは確かではないでしょうか。

 

とにもかくにも厳しい場面でした。

 

やっぱりレース2もわちゃわちゃしてセーフティーカーまで出たけど、角田君にとって何の手助けにもならず。万事休す。

 

それどころかポイント争うライバル達が軒並み上位フィニッシュする最悪の結果でした。

 

これはなかなかの試練ですね。。

 

角田裕毅

「パンクを喫したあとはタイヤを交換してセーフティカーが出ることを願いましたが出ず、運の無いレースでした。(ターン1で)スペースは少なからず空けていたんで、それでもぶつかるということは向こうが止まり切れていなかったことになりますが、僕も次のターン4でシュワルツマンを抜こうと立ち上がり重視でタイトなライン取りをしたところもあるので、長い目でレースを見て安全策でいくならもう少しインを空けておけば良かったと思います」

 

バーレーンGP レース2

1. R・シュワルツマン

2. N・マゼピン

3. L・デレトラズ

ーーーーーーーーーーー

15. 角田 裕毅

 

■ポイントランキング(レース2終了時点)

  1. 205p M・シューマッハ
  2. 191p C・アイロット
  3. 162p N・マゼピン
  4. 159p R・シュワルツマン
  5. 157p 角田裕毅
  6. 149p C・ルンガー

 

まとめ

レース1は予選での失敗を見事リカバリーして、ポテンシャルの高さを発揮した角田君でしたが、レース2は厳しい結果となりました。

 

もう終わったことは仕方がないとして、来週の残り2レースに向けて切り替えていくしかありませんね。F1で通用するためには、これくらいのハードルは軽く超えてほしいという気持ちです。応援します。

 

 

 

fumi2020.hatenablog.com

 

fumi2020.hatenablog.com

 

fumi2020.hatenablog.com

 

追悼マラドーナ。「神の手」に想う判定の曖昧さ

こんにちは。

 

25日、サッカー界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が亡くなりました。

 

海外サッカーは好きでよく観ているのですが、マラドーナをリアルタイムで体験できたのは1994年のアメリカワールドカップ

 

残念ながら、禁止薬物使用で大会途中で姿を消してしまうわけですが、ギリシャ戦でみせた連続ワンタッチからの左脚一閃。

 

そしてゴール直後、カメラに向かって吠えながら駆け寄ったあのシーン。当時、多感な中学生だった私にはビンビン刺さるものがありました。

 

そんなマラドーナの有名なシーンの一つとして語られているのが、1986年メキシコワールドの「神の手」ゴール。

 

あきらかにハンドに見えるのに、当時の主審が見逃し、そのままゴールの判定になったのはあまりにも有名。

 

でも、もし現代ならどうだろう?

 

同じように主審が見逃したとしても、いまはVAR(ビデオアシスタントレフェリー)によって映像管理されているため、主審は再確認の機会を得ることができます。

 

そして九分九厘、

 

「神の手」は存在しなかった

 

ことになるはずです。

 

試合の公平性を保つ一方で、このような形の「伝説」はもうみられなくなるという、なんとも言えない寂しさみたいのを感じるのは歳のせいか?

 

このような「審判の進化」はF1においても同じで、最近すっかりお馴染みとなったトラックリミテッド。

コースレイアウトの「公平性」を保つためのルールなのですが、興味深いことにドライバー達には不評みたいです。

 

なんでもシロクロはっきりさせる「公平性」を得た引換えに、人間臭い面白味ある「曖昧さ」が失われつつあるのは仕方がないことでしょうか?

 

 

曖昧さの一例。

 

このプロストのスタート、

 

フライングか?否か?

 

当時の判定が「シロ」だから面白いのだ。

あとから「あーだ、こーだ」と言える。

マラドーナの「神の手」と同じ。

皆が評論家になれる特別な時間なのだ。

 

じつにナンセンスと思われるだろうが、当時はこのような楽しみ方もあったのだと、マラドーナの訃報を聞きスマホを手に取った次第です。

 

乱文失礼しました。

 

fumi2020.hatenablog.com

 

fumi2020.hatenablog.com

 

 

ホンダ F1エンジン6種 オンボード1987-2020【YouTube】

こんにちは。今回のYouTube動画紹介は「ホンダ F1エンジン6種 オンボード1987-2020」になります。

f:id:fumi2020:20201120005823j:image

フジテレビ系列でF1の地上波放送が始まった1987年から今年2020年までの間、ホンダは大きく分けて6種類のエンジン(パワーユニット)をF1に送り込んできました。

当動画では、6種類それぞれのオンボード映像にて、エンジン音を楽しむ内容となっています。

オンボードフェチなので、個人的にはめちゃ好きな動画なのですが、少しでも共感して頂けたら嬉しいです。

f:id:fumi2020:20201120010328p:image

私の好みはホンダ第2期のV10ですね。

当時はマニュアルミッション(+セナ足)ということもあり、荒々しい音がたまらないです。

f:id:fumi2020:20201120010750p:image

その点、現在のパワーユニットは、以前のエンジンと比べるとどうしても「大人しい」感は否めないわけですが、他メーカーのパワーユニットとは異なる独特なブリブリ音が密かに好きなんです。

これは結構わかる人も多いと信じてますw

 


ホンダ F1エンジン6種 オンボード1987-2020

 

fumi2020.hatenablog.com

fumi2020.hatenablog.com

fumi2020.hatenablog.com

 

華麗に舞うも結果出ず。【キミ ライコネン】

こんにちは。前回イモラに続き、久しぶりの特別開催となったイスタンブール・パーク、F1トルコGPを振り返ります。

イスタンブールといえば、1978年リリースの庄野真代が歌う「飛んでイスタンブール」が真っ先に浮かんでしまう私。


飛んでイスタンブール

「飛んでイスタンブール 光る砂漠でロール」

なんのこっちゃ。

ちなみに私はキミと誕生日1日違いの同じ歳で、この時まだ生まれてないです。あしからず。

目次

2020年F1トルコGPを振り返る

予選

キミ・ライコネン:8位

開催前の路面補修にくわえ、低気温で雨まで重なってしまった今回の予選。ドライでもめちゃ滑るのに、レインコンディションだと更にこんな感じに。

f:id:fumi2020:20201116211601g:image

壁に刺さらなくてよかった汗

この時ニアミスしたフェルスタッペン。

まさか決勝でも再びとは、この時知る由もなく…

ドリフトを堪能した後のキミさんは「水を得た魚」のごとく躍動、Q1なんと3位で通過!

f:id:fumi2020:20201116211508j:image

記念にキャプして家宝へ。

当たり前のようにQ2も突破して、今季初のQ3進出。雨の予選、いい感じです◎

それにしてもQ3いつ以来だろう?

えーと…ググりましょうw

最終的に「ちょい濡れ」インターミディエイトでの走行となったQ3は、ややトーンダウンしたけれど、予選8位と大万歳の結果となりました。

アルファロメオ、前身ザウバーから合わせてチーム500戦目を飾るに相応しい結果に、普段はツンデレを決め込んでる41歳も今回は素直に喜んでいた模様。

そのQ3終了直後の無線を一部抜粋。

WOW!

(ワァオ!)

P8 Kimi,P8

(P8だキミ、P8)

that's not bad at all

(全然悪くない)

not bad at all ,excellent well done

(悪くはない、よく出来た)

AH YEAH

(ああ、そだね)

f:id:fumi2020:20201116211350j:image

「チームとしてよい予選結果だったので、喜ぶことができる。キャリアのなかでも一番ひどいコンディションのひとつだったが、それに関して僕らにできることはあまりなかった。僕らはトラックに出てそれに直面しなければならなかった。午前中はとても苦労したが、FP3で走ったことが予選で役立ったと思う。雨がやんでも、トラックはとても滑りやすく、トラック上に留まるのが難しかったが、最終的にコンディションが僕らの有利に働いたと思う。本当に重要なのは明日なので、最善を尽くして結果を待たなくてはならない。グリッド順位をよい結果に変えるチャンスがある」

決勝

キミ・ライコネン:15位

雨の予選がすこぶる良かっただけに、正直かなり楽観視して入賞を期待していた私。やはり浅はかの極みでした。

序盤こそまずまずのポジションをキープしていたキミさんですが、次第に「ちょい濡れ」になっていくにつれて存在感が薄れていきます。

思えば、予選終盤にインターミディエイトでトーンダウンしてしまったように、アルファロメオ勢はフルウェットに「全振り」していたのかもしれません。

唯一の見せ場といえばこのシーンくらい。

f:id:fumi2020:20201116212400j:image

フェルスタッペンと華麗なワルツ。

予選でのニアミス再び。

では動きある画でもう一度、どうぞ。

f:id:fumi2020:20201116214113g:image

アン♪

ドゥ♪

トロワ♪

キミ先生のお手本に合わせて、マックス君よく出来ました◎

f:id:fumi2020:20201116214222j:image

「レースは楽しいどころではなかったが、天候からすると予想していたレースだった。おそらく僕らは、フル・ウェットのレースであればもっとスピードがあっただろう。でもどっちつかずのコンディションは僕らにとって有利にならなかった。タイヤを機能させるのに苦労した。機能しているときも、10周走ればその後は劣化したので、よいリズムに乗るのが難しかった。少なくとも、ライバルに対してチャンピオンシップ・ポイントを失わなかった」

まとめ

予選までは本当に最高の流れで、決勝も「生き残れば上位入賞」と楽観的に観てましたが、やはり勝負事はそう単純にはいかないものです。

まあそれでも今季予選最高だったわけだし、残り3レースでも何かサプライズを起こしてくれる予感が持てたことは何よりです。

レース全体を振り返ると、ハミルトンの「死んだふり」が鮮やかに決まり、圧巻の勝利。7度目のワールドチャンピオンおめでとう。

…思えば2007年、富士スピードウェイ酷い目に遭いながら現地で観戦した日本GP。

応援していたキミを差し置いて、ハミルトンが優勝した時にはピーな野郎と思ったけど、今こうして7度のチャンピオンになったのを見て「あのとき良いものが観れたんだなぁ」なんて…やっぱ思えないw

f:id:fumi2020:20201116220016j:image

すごい映像技術なんだけどさ…

一瞬見ちゃいけないものが見えたと思ったよ。

 

fumi2020.hatenablog.com

fumi2020.hatenablog.com

NHK衛星契約→地上契約へ変更したら不審な男が来るようになったw

こんにちは。タイトルにも書きましたが、最近不審な男が度々インターホンを鳴らしてくるようになりました。

 

結論から先に言うと、この男の正体は不明です。

 

ただ、事実として言えることは、NHK地上契約へ変更した直後から訪問が始まり、衛星契約へ戻したあと、訪問が途絶えたということ。これが今現在わかっていることの全てになります。

最近物騒な事件が多いだけに、時系列で詳しく遡ると共に、その他の可能性についてもしっかり追求していきます。

fumi2020.hatenablog.com

 

目次

男の訪問前後を振り返る

10/14(水)

NHKふれあいセンター」へ地上契約への変更連絡

10/17(土)

10:00頃 不審な男が訪問(1回目 居留守)

14:00頃 男が再訪問(2回目 居留守)

10/18(日)

12:00頃 不審な男が訪問(3回目 居留守)

17:00頃 男が再訪問(4回目 居留守)

10/19(月)

NHKから契約変更の書類が郵送される

10/20(火)

NHKへ書類の返送

10/24(土)

13:00頃 不審な男が訪問(5回目 居留守)

17:00頃 男が再訪問(6回目 居留守)

10/25(日)

12:00頃 不審な男が訪問(7回目 不在)

20:00頃 男が再訪問(8回目 不在)

10/26(月)

NHKへ衛星契約への再変更を連絡

10/31(土)

訪問者なし

11/1(日)

訪問者なし

11/7(土)

訪問者なし

11/8(日)

訪問者なし

以上になります。

 

時系列で遡ると、偶然とは思えないくらいNHK関連とのタイミングが重なっていることが分かります。

f:id:fumi2020:20201112203312j:image

 

男の正体

男の正体に関しては、冒頭で触れたとおり不明です。

なぜなら、一度も応答していないからです。

居留守、あるいは本当に不在だったので声すら聞いていません。

 

不在時にも訪問があったと分かったのは、家のインターホンに不在時の録画機能が付いていたから。便利な世の中です。(それだけ怖いともいえる)

 

男の特徴

録画映像に映っていた男の特徴は以下のとおり。

  • 年齢は40代くらい
  • 身なりは普通な私服。(スーツではない)
  • マスク未着用(1度も着用していない)
  • 山本太郎

ぱっと見は怪しい人に見えないけど、アポなし・私服・このご時世にマスク未着用と、とてもまともな訪問者とは思えません。

そして何より外見が、元タレントで政治家の山本太郎氏にそっくり。マジ似てますw

 

私はけして「自粛警察」ではなく、むしろ不必要だと思う場所では積極的にマスクを外す人間ですが、全く見知らぬ家を、それもアポ無しで訪問しているのに、8回全てマスク未着用だなんて非常識だと思います。

 

夜20:00近くに訪問してくることもあり、「相手に良く思われよう」という意思が全く無いことが、とにか気持ち悪い

 

NHK以外の可能性を探る

時系列からみて、NHK関連の訪問とみるのが妥当なところですが、そもそも私自身「引越して間もない」という背景も加味して、もう少し視野を広げてみる必要があるのではないだろうか。

そこで「アポなし 訪問」で検索して、多かった事例を挙げながら検証していきます。

 

新聞の勧誘

f:id:fumi2020:20201112215638j:image

引越しあるあるですね。私も当初は新聞の勧誘だと思っていました。

ただ、以前の家でも新聞の勧誘が来たのですが、何かしら形跡(勧誘のチラシ)を残して帰るので、8回全てそのまま帰ったあの男はまず違うといえるのではないでしょうか。

【新聞勧誘の特徴】
✔︎ 形跡を残す

 

宗教の勧誘

f:id:fumi2020:20201112203104p:image

これは引越しに関わらず訪問の定番かと。

以前、実際に応対したことがあるのですが、私の経験では女性2人、あるいは男女で2人、みたいにペアで訪問するパターンしか遭遇したことがありません。

 

さらに手元には厚手の本(聖書?)をわかり易く持っているので、今回の男は明らかに違うと断言してもいいでしょう。

【宗教勧誘の特徴】

✔︎ ペアでの訪問

✔︎ 手元に聖書

 

インターネットの勧誘

この手の勧誘も多いみたいですが、私は応対したことがないのでどんな感じなのか分かりません。

 

ただネットで調べた情報によると、服装で業者だと分かるみたいなことが書かれていたので、今回の男のように、何度も私服で来ることはおそらく無いのではないか、と推測します。

【インターネット勧誘の特徴】

✔︎ 業者らしき服装

 

国勢調査

f:id:fumi2020:20201112203121j:image

ネットで訪問者の種別を調べていて「なるほど〜」と思ったのがコレ。

奇しくも今年は国勢調査の対象年でもあるので、「突然の訪問者」という点においてかなりのパワーワードになりうると思います。

 

ただ私の場合、調査票は(引越し前の)マンションの管理人が受け取っており、回答もネットでさっさと済ませてしまったので、再訪問される覚えはありません。なので調査員が来る可能性は限りなく低いといえます。

 

調査員を偽り訪問してくる者もいるみたいですが、調査員の特徴を一切無視した山◯太郎が来たところで違和感MAXなだけ。そんあクオリティの低い詐欺なんてあるのでしょうか?w

国勢調査の特徴】

✔︎ 員証、腕章、手提げ袋

 

まとめ

ここまで不審な男の訪問について書いてきました。

要点をまとめると以下のとおりになります。

  • NHK地上契約へ変更してから男の訪問始まる
  • 男は私服&マスク非着用の山本太郎
  • 土日に集中訪問、時間帯は10:00-20:00
  • NHK衛星契約へ変更後は訪問なし
  • その他勧誘の可能性は低い

このような結果から、おそらく今回のアポなし訪問者はNHK関連で99%間違いないと判断します。(もし今後も男が訪問することがあれば追って取り上げていきます)

 

12.1追記

男の訪問が途絶えてから1ヶ月が経ちました。

NHK関係者だったと断言せざるを得ません。

なぜこのような人の気分を悪くする行為を行ったのか、理解に苦しみます。

 

昔から予定のない訪問者は絶えないものですが、今では携帯電話(スマートフォン)の普及によって何かしら関係のある人物であれば、アポイントが簡単に取れる時代になりました。

 

それにも関わらず、アポなし訪問を、それも何の形跡も残さず、何度も訪ねてくるなど自分から「悪い輩」だと言ってるようなものです。

自分の身は自分で守る意味でも、アポなし訪問者には居留守で対応することを強くお勧めします。本当に怖いので。

 

それにしても、もし本当にNHKだとしたら、事前連絡くらいしてくれてもいいのに、と思ってしまいますね!ただでも安くはない受信料を支払っているわけですから。

 

おまけw

NHK衛星契約に戻した理由、気になった方がいたかどうか分かりませんが、おまけとして書いておきます。。

 

理由はごく単純で、BS放送が見れたから。

「なんだよ、嘘ついて料金ちょろまかしてんじゃねーよ」なんて言わないでください汗

私は本気でアンテナ線が1つ=地上波しか見れないと思っていたのです。。

 

地上契約へ変更したあと、気持ち悪い男が訪問するようになって、「なんだよっ!」とイラつくと同時に「何か間違ってたのかしら?」なんて不安な気持ちにもなり、試しにアンテナ線をテレビ側のBSへ差し込んでみたところバッチリ映ってしまったというわけです。。


TARO'S アンテナ分波器 4K8K放送(3224MHz)/BS/CS/地デジ/CATV 対応 ホワイト 金メッキ 4CFBケーブル 2本付き 一体型 15cm 小型ボディ 3重シールド TS-ABG01WH タローズ

今はこの分配器をかませて地上波もBSも視聴可能となりました。

 

これで大好きなカンブリア宮殿とかカーグラフィックTVだとか…

 

えーっと…

 

NHK BSなんて見ないぞw

 

fumi2020.hatenablog.com

 

fumi2020.hatenablog.com

角田裕毅【F1】

こんにちは。今回はアルファタウリ・ホンダの2018年マシンでF1初テストを行った角田裕毅について取り上げていきます。

f:id:fumi2020:20201105164358j:image

とはいえ、私自身ミーハーF1好きなので、彼のことを「速そうな日本人出てきたな」と思いながらも、あまり真剣にF2をフォローしていませんでした。(なんのためのDAZNなのだ?)

2020年シーズンも終盤に差し掛かり、いよいよF1が見えてきたこのタイミングで、今一度しっかり勉強していきます。

2020年F2ランキング(11/4時点)

  1. ミック・シューマッハ 191pt
  2. カラム・アイロット  169pt
  3. 角田 裕毅        147pt

度々ポールポジション取って、優勝もしていたのでランキング3位という好位置も頷けます。

しかもF2参戦初年度というのがすごい。

カーリンが良いチームというのは何となく分かるけど、角田同様レッドブル育成で、F1を目指すチームメイトのダルバラ(15位 36pt)に大きく水を開けているわけだから、控えめに言っても「角田裕毅は速い」といえます。

f:id:fumi2020:20201104223549j:image

スーパーライセンス獲得条件

ややこしくて今まで敬遠してきたスーパーライセンスポイントを嫌々調べてみました。

今年はコロナウイルスの影響で条件が緩和されているようなので、どのようになっているのか確認していきます。

従来の主なスーパーライセンス獲得条件:

  • 現行F1マシンでの走行経験が300km以上
  • 直近3年間(2018年〜2020年)で、合計40ポイント以上のスーパーライセンスポイントを獲得

今年の特別条件:

  • 現行F1マシンでの走行経験が300km以上
  • 直近4年間(2017年〜2020年)のうち高い方から3年分で、合計40ポイント以上のスーパーライセンスポイントを獲得

細かい条件は省きましたが、こんな感じに緩和されたみたいです。

これを角田裕毅に当てはめると…

従来のスーパーライセンスポイント:

2018年 FIA-F4チャンピオン(12ポイント)

2019年 FIA-F3ランキング 9位(2ポイント)

計14ポイント

スーパーライセンス獲得条件】

2020年 F2でランキング4位(30ポイント)

これが…

特別条件下でのスーパーライセンスポイント:

2017年 FIA-F4ランキング3位(7ポイント)

2018年 FIA-F4チャンピオン(12ポイント)

2019年 FIA-F3ランキング 9位(2ポイント)

計19ポイント

スーパーライセンス獲得条件】

2020年 F2でランキング4位(30ポイント)

または

2020年 F2でランキング5位(20ポイント)+ F1フリー走行出走(1ポイント)

となるようです。(違ってたらごめんなさい)

つまり特例下では、F1フリー走行に1度出れば今年のF2ランキング5位でもいいよ、ということです。やっと少し理解できました。

まあでも、こないだのニュルブルクリンクのように、何らかの要因で走れないこともあり得るわけだから、従来どおりランキング4位以内に入るのが望ましいですね。

レッドブル系のF1シート事情

いくら角田君がスーパーライセンスポイントを確保しても、肝心のF1シートが空かないことには話になりません。

いろいろと噂されていますが、現状をもう一度整理します。

レッドブル

【確定】マックス・フェルスタッペン

【候補1】アレクサンダー・アルボン

◯:マネー ✖️:とにかく遅い

【候補2】ニコ・ヒュルケンベルグ

◯:フェルスタッペン親子 ✖️:ノーマネー

【候補3】セルジオ・ペレス

◯:マネー&実績 ✖️:折り合い

フェルスタッペン親子がヒュルケンベルグを希望しているようなので、アルボン残留はますます厳しい流れか。チームは最終戦終了まで判断を保留するとのことですが、アルボン放出となると角田君にも影響出てくるかもしれません。

アルファタウリ

【確定】ピエール・ガスリー

【候補1】ダニール・クビアト

◯:特になし ✖️:ガスリーに完敗

【候補2】角田 裕毅

◯:育成最上位  ✖️:ホンダF1撤退

【候補3】アレクサンダー・アルボン

◯:マネー&古巣経験 ✖️:角田 裕毅

で、アルファタウリの方は、クビアトさんが既に放出確定しているような扱いで可哀想な状況。フェラーリの開発ドライバー続けてい方が幸せだったかも。

チーム側の発言から、角田君にかなりチャンスありそうな雰囲気ですが、昨年のガスリーの例もあるので、アルボンがアルファタウリへ復帰という線も捨てきれないわけで、正式決定までは見守るしかありませんね。

F1初テスト

冒頭でも書いたとおり、11/4にイモラでF1初テストを行なっています。

最初はハーフウェットの難しいコンディションだったみたいですが、無事に午前・午後のプログラムを完了。合計352kmを走破したとのことです。壊さず走りきる。これまず大事。

f:id:fumi2020:20201105164414j:image

フランツ・トスト(アルファタウリ代表)

「ここイモラで角田裕毅の非常に実りある最初のテストを行い、352kmを走ることができた。午前中は路面が少し濡れていたので、フルウェットタイヤでスタートした。それでもユウキはすぐにマシンに慣れたので、ドライタイヤに交換すると、すぐにラップタイムを短縮したので、とても感心した。昼食後、新しいタイヤセットでテストを続けたところ、彼はさらにタイムを短縮し、1周ごとにマシンの感触がよくなっていることを示した。ユウキは、マシンの挙動について貴重な技術的フィードバックをくれた。それは我々の期待していたことと一致した。最後の走行では、レースシミュレーションを行ったが、非常に一貫性があったので、これは彼がすべてをコントロールしているという明らかな証拠だ。スクーデリア・アルファタウリの若手ドライバーテストをする次のテストを楽しみにしている。」

トストさんのコメントも前向きでいい感じ。

F1フリー走行で早くみてみたい。


Yuki Tsunoda testing the AlphaTauri F1 Car for the First-Time at Imola

まとめ

ここまでF1を目指す角田裕毅の現状について書いてみました。

私自身まったくの勉強不足で、もっとフォローしていく必要がありますが、まとめるとこんな感じかと。

F2も残り2ラウンド4レース、ランキング4位以上をキープして久々の日本人F1参戦を実現して頂きたい。がんばって。

fumi2020.hatenablog.com

fumi2020.hatenablog.com

輝き失せぬ41歳(通算1,863pt)【キミ ライコネン】

こんにちは。今回はイモラで行われたエミリアロマーニャGPを振り返ります。

F1エミリアロマーニャGPを振り返る

私にとってイモラ=サンマリノGPというイメージが強く、コースレイアウトも未だに90年代前半の記憶が鮮明に残ってますが、久々のイモラでもキミさんは変わらず存在感をみせてくれました。

予選

キミ・ライコネン:18位

リザルトだけみれば今年何度も目にしている平凡なものですが、中継をみていた方はさぞ楽しめたのではないでしょうか。

Q1最終アタックで大幅に突破ラインを超えるスーパーラップを記録し、私ガッツポーズ。契約更新パワーは凄い!と鼻息荒くした矢先…

突破圏外へ瞬間移動するRAI

原因はこれ。

f:id:fumi2020:20201102212150p:image

タイム取り消し直後の「無線芸」がこちら。

 

Okay.This lap was deleted I'm afraid Kimi.

オーケー、このラップは削除された。キミが怖いよ。

No way! I was on the kerb!

まさかネン!縁石に乗っていたネン!

My left wheels were still on the kerb through the shicane.

左の車輪はまだ縁石の上にあった。

Yeah I was on the kerb!

縁石の上にいたネン!

It was,the line is not the limit anymore...

そうだった、リミットは超えていなかった…

Well,I'm sure my left wheels were on the kerb still.

左の車輪はまだ縁石の上にあったはずだ。

Cause I could feel the rumbling.

音を感じたのだから。

Okay...

オーケー(めんどくせぇ…)

It's f*cking b*llshit.

ク◯ッタレが。

I will have to check.

確認してみるよ。(無駄だけどねw)

Yeah but,tell them!

ああ、でも言ってくれネン!

I'm 100% sure my left was on the kerbs still.

And that's the limit there.

左がまだ縁石の上にあったのは100%間違いない。それがリミットだ。

Cause I could still on the kerb.

まだ縁石の上にいたから。

Okay,apparently you were 20cm-

Above the limit Turn 15.

オーケー、どうやらターン15のリミットを20センチ超えたようだ。

No if the kerb is the limit,I was inside the limit!

縁石がリミットだとすれば駄目だけど、リミット内にいたネン!

I'm not so f*cking blind,I could feel it.

ピー(不適切な発言)、感じることができる。

And plus there's a-

They're f*cking joking with me,really.

それに... 奴らは(ピー)からかってるんだよ、まったく。

Either the kerb is the limit,or it's not!

Simple as that.

縁石が限界なのか、そうじゃないのか、どっちネン! 単純なことだ。

Box,box.

ボックス、ボックス。(はいはい。)

 

アドレナリン出まくり状態での発言なうえに、私の誤訳もあるので多少意味不明ですがw、要はタイム取り消しに対して41歳のおっさんが駄々こねてるだけです。

f:id:fumi2020:20201102225457j:image

「マシンは午前から午後にかけてかなりよくなったし、感触もかなりよかった。最速ラップタイムがあればQ2に進出できたが、残念ながらそのタイムが削除された。このトラックは車列がひとかたまりになるタイプなので、こうなったことは残念だ。でも、状況に不満を言っても、最終結果は変らない。この順位からスタートするレースは簡単ではないが、できることをして、どうなるか見てみよう」

決勝

キミ・ライコネン:9位

やりました!今年2回目の入賞。通算1,863ポイントです。

ミディアムタイヤでスタートしたRAIさん。アクシデントに巻き込まれることもなく、でも孤独でやや存在感に欠けるレース運び。などと思っていたら…

f:id:fumi2020:20201102225906j:image

ものすんごいロングスティント!

どんだけタイヤに優しいネンw

f:id:fumi2020:20201102230138j:image

けっきょく49周目までミディアムで引っ張ります。

ソフトでの終盤追い上げに期待。

f:id:fumi2020:20201102230336j:image

そんな矢先、フェルスタッペンにラッセルとRAIさんの前にいたマシンが続けてアウト。

うーん、順位上げたのはいいけどセーフティカーのタイミング悪かったなぁ。

アルボンの自滅もあり、終わってみれば9位入賞。前走のようなオーバーテイクでの見せ場こそなかったものの、今回はタイヤマネージメントで「違い」をみせてくれました。

納得のドライバーオブザデー。ありがとうございます。

「チームにとってはよい結果だった。マシン2台がポイントを獲得したので、レースに満足することができる。タイヤをできるだけ長持ちさせることができるとわかっていたので、最初からその予定だった。僕がピットインして、すぐにセーフティカーが出動したのはやや苛立たしかった。でもそれで大きな違いが生まれたかどうかはわからない。最終的に僕らのレース・ペースはよかったし、チャンスが生まれたときに、それをつかむ場所にいることができた。最近は差を縮めているし、改善できることはまだたくさんあるが、改善するために僕らは頑張り続けている」

まとめ

ここ数戦は入賞できなくてもポジティブな内容が続いていたので、今回の結果は想定内といったところ。

マシンの速さが足りなければ柔軟な戦略で活路を見出だす。いつも弄ってばかりですが、本当に良い仕事してますキミさん。

f:id:fumi2020:20201102231356j:image

キミさん以外の話題といえばコレ。

前回忘れてくれてホッとしていたのも束の間、リカルドさんがまさかの表彰台アゲイン。

今回こそシューイを披露してしまいました。

f:id:fumi2020:20201102231621p:image

しかもリカルドの靴でハミルトンがシューイするという地獄絵図。

普通に気持ち悪い。

このボッタスの距離感www

f:id:fumi2020:20201102231807j:image

笑ってるこの人たちも無事では済まなかったと思う。

  

fumi2020.hatenablog.com 

fumi2020.hatenablog.com

キミさん契約更新!&2021ドライバーシート状況(10/30時点)

こんにちは。新居に引越してからWi-Fi速度がやたら不安定な山田です。

DAZNがモザイク調になるので、漢としてイメトレにもってこいな環境である、と前向きに捉えています。

f:id:fumi2020:20201031000829p:image

さてさて、お待たせしました。ついに我らがキミさんが契約更新。大丈夫だろうと思いながらも、やっぱり正式発表くるまで少し不安でした。なにしろ年寄りなので。

チームメイトがミックではなくジョビナッツィの残留というのが意外でしたが、先日のプロモーション動画みるかぎり既定路線だったのかも。

とにかくキミさんがまだ走ってくれることが嬉しい。こんなに長く続けてくれる、ファンとしてこんな贅沢で幸せなことはないと思う。先週みたいな「超ライコネン」にも再び出会えるかもしれない。どうなるかみてみよう。

fumi2020.hatenablog.com

 

f:id:fumi2020:20201031001123p:image

2021年のF1シート状況を整理してみる。

確定していないドライバーに関しては私が勝手に理想を語ってみようw

◎:確定 ◯:濃厚 △:可能性あり 

メルセデス

ルイス・ハミルトン 

バルテリ・ボッタス

ハミルトン&ラッセルなら楽しいことになりそうだけど、なぜかボッタス残留なのでラッセル&ボッタスでいいやw

【山田の理想】ジョージ・ラッセル

フェラーリ

シャルル・ルクレール

カルロス・サインツJr.

確定済みなのでノーコメント

レッドブル ホンダ

マックス・フェルスタッペン

△アレクサンダー・アルボン

ニコ・ヒュルケンベルグ

セルジオ・ペレス

大逆転劇の初表彰台ゲットが見たい。

レッドブル育成外のベンチマーク的存在は必須。

というわけでヒュルケン推し。

【山田の理想】ニコ・ヒュルケンベルグ

ルノー

フェルナンド・アロンソ

エステバン・オコン

オコンって複数年契約だよね?

マクラーレン

ダニエル・リカルド

◎ランド・ノリス

確定済みなのでノーコメント

レーシングポイント

セバスチャン・ベッテル

ランス・ストロール

確定済みなのでノーコメント

アルファタウリ ホンダ

ピエール・ガスリー

△角田 裕毅

△アレクサンダー・アルボン

ここで角田君がこないと日本のF1文化は息絶えてしまうのではないか、と思うくらい心配してる。現実的にはアルボン次第でとても厳しい状況になるかもですが、望みがある限りは期待したい。

【山田の理想】角田 裕毅

アルファロメオ

キミ・ライコネン

◎アントニオ・ジョビナッツィ

【山田の理想】キミ・ライコネン複数年契約

ハース

ニキータ・マゼピン

ミック・シューマッハ

セルジオ・ペレス

【山田の理想】誰でもいい

ウィリアムズ

ジョージ・ラッセル

◎ニコラス・ラフィティ

セルジオ・ペレス

クレアが居なくなってラッセル危うし。

【山田の理想】むしろ離脱した方がラッセルにとっていいかも

(10/31 追記)ラッセル残留をチーム側が言及

 

今週、ていうか明日…いや、もう今日か。

イモラで行われるエミリアロマーニャGPは2日間開催でしたね。

うっかりDAZNを開いてしまった私…おやすみなさいw

fumi2020.hatenablog.com

 

fumi2020.hatenablog.com

超ライコネン

こんにちは。今回の舞台はコロナ禍での特別開催となったポルトガル、アルガルベ・サーキット。

ポルトガルGPといえば、ちょい古いF1好きからすると「エストリル」が浮かぶと思いますが、ジャック(ヴィルヌーブ)がミハエル(シューマッハ)に「大外刈り」をかました1996年エストリル以来、24年ぶりのポルトガル開催となりました。

f:id:fumi2020:20201026121428j:image

頭ではなく走りが輝いていた頃のジャック(画面 左)

このオーバーテイクシーンである最終コーナーや最初のターン1、2あたりはアルガルベとエストリルは似た感じに思うのですが。ポルトガルってこういうチャレンジングなレイアウトが好みなんですかね?観ていて最高に楽しいです◎

さて今回も爺さんキミさんを追いかけてます。

今後の出走レースは全て最多記録なわけですから、この貴重な時間を共有できる喜びを記録していきます。

目次

2020年ポルトガルGPを振り返る

予選

キミ・ライコネン:16位

ここ最近パッとしない予選が続いたキミさんですが、今回はQ1ラストアタックで決めてくれます。15位浮上↑↑

残る面子をみれば「これは突破か?」と私の心も浮上したわけですが、最後の最後にラッセルにやられてしまいました。。

イリアムズのマシンでコンマ3弱も上回られてしまったらラッセルを褒めるしかありません。

思えば前回キミさんは彼を撃墜してしまったわけで、今回の撃墜返しで「おあいこ」というわけです。んん?

「昨夜の変更のあと、今朝はマシンが本当によい感触だったが、風が強くなると苦労し始めた。全体的に、マシンの挙動はよかったが、追い風が吹くと本当に苦しんだ。乗り越えようとしたし、できることはやったが、今日は十分ではなかった。違うコンディションであれば、全く違う話になったかもしれない。でも結局のところ全員が同じ条件だった。もちろんがっかりしているが、明日順位を取り戻すことができる」

決勝

キミ・ライコネン:11位

いやぁ…すごかった。

なんじゃ?あのオープニングの数分間は??

ドニントンのセナ(1993年)みたいじゃないか、なんて思いながらも、正直なにが起きてるのかよく分かんなかったから、後で何回も見直したw

落ち着いて振り返ってみよう。

f:id:fumi2020:20201026140509p:image

蹴り出しは普通。

いや、むしろソフトだから悪いくらいw

f:id:fumi2020:20201026140349p:image

最初の数コーナーでは順位落としてるしw

f:id:fumi2020:20201026140621p:image

この辺から超(スーパー)ライコネンがログイン。

f:id:fumi2020:20201026140730p:image

ネンっ!

f:id:fumi2020:20201026150524p:image

ネンっっ!

f:id:fumi2020:20201026150547p:image

ネネンっ!

f:id:fumi2020:20201026150621p:image

ネーンっ♪

f:id:fumi2020:20201026150830p:image

上位争いも入れ替わり激しい展開に。

まるでゲームのような絵面…ん?

f:id:fumi2020:20201026175630j:image

なんかいるっwww

f:id:fumi2020:20201026175744p:image

炎のように突きすすむ超さん。

なんとまあ、フェルスタッペンまで抜いてしまいます。

f:id:fumi2020:20201026180334j:image

胸熱な5位浮上の決定的瞬間がこれ。

この約5秒後に超さんログアウトで抜き返されますが、夢のような2周弱でした。

f:id:fumi2020:20201026180719p:image

完全ドライになって後退したあとも、普通ライコネンで健闘。

あのまま「ちょい濡れハーフウェット」なコンディションが続いたら、サインツと優勝争いだったかも、と夢みるくらいイイ走りでした◎

「最初の数周はとてもよかった。よい位置にいたので、何台ものマシンを追い越した。でも結果を出せなかったので、最終的に重要ではなかった。できることをしたが、残念ながら、最後にベッテルを抑えておくことができなかった。レース・ペースはそれほど悪くなかったが、あのスタート順位では、順位を上げるのが簡単ではない。マシンの感触は良かったが、現段階ではポイント・フィニッシュするにはわずかに足りないものがある。来週はもっと順位を上げることができるよう願っている」

まとめ

いやぁ面白かった。

キミさんのオンボード映像を検証した結果、スタートで18位まで下げた直後からスパート開始。2周目の途中では約5秒間だけながら5位に上がり、正確には13台抜き達成しています。

レース後のフェルスタッペンのコメントで「ショックだった」と言わせた会心の走り、めちゃ嬉しかったわぁ。。

あまりに楽しかったので、後日YouTubeに編集動画をアップしちゃう予定。

10/28 追記

f:id:fumi2020:20201028195912p:image

動画編集は完成したけど、秒でブロックされちゃいました涙

編集しながら改めてカウントしたけど、やはり瞬間的に18位まで後退して、瞬間的に5位まで浮上してました!

カウントがあると楽しさ倍増なので、なんとか公開したいけど、こればかりは権利の問題で仕方ないです。。

 

結果としては今回も入賞出来ず、本人も素っ気ないコメントを残すに終わってしまいましたが、応援している立場からすると見せ場もご馳走。ありがとうです。

今週末のイモラでは来年の契約発表があるものと勝手に決めつけてますので、アルファロメオさんよろしくお願いします。

 

fumi2020.hatenablog.com

 

NHK衛星契約を解約してみた【衛星契約→地上契約へ変更】

こんにちは。引越しから数日が経ちました。

手続きも一段落して、新しい環境にふと目を向けた時、様々な「小さな問題」が存在することに気付くものです。

その一つがNHKの受信料。

そう、日本国民の少なくない人々が「見ていないのになぜ払うんだ!」と怒っている料金です。

f:id:fumi2020:20201023060011j:image

なにが問題かというと、今回の引越し手続きにおいて、ネットから住所変更の手続きをしたわけですが、その過程で「契約種別」という項目をあまり深く考えず、今まで通り「衛星契約」で申請したわけです。

ところがどっこい、いざ引越してテレビを配線してみるとBSアンテナがどこにもない汗

朝ドラやチコちゃん、和久田麻由子が目的のニュースウォッチ9など、日本国民の(おそらく)少数派にあたる「NHKヘビーユーザー」の私ですが、さすがに視聴できないコンテンツにお金を払うようなマネは無理。契約変更を決意します。

結論から書くと、「衛星契約」から「地上契約」へ変更は簡単でした。

今回はその手続きの内容を、順を追ってお伝えしていきます。

目次

ネットからの手続きは「衛星契約への変更」のみ

NHKの契約変更はネットから手続き可能で、住所変更や振込方法など可能となっています。

ところが、肝心の「契約種別の変更」に関しては衛星契約への変更のみで、地上契約への変更はネットからはできませんでした。

このことからもNHKの意気込み、「1円でも多く徴収してやるぞ」という姿勢がよく表れております。

pid.nhk.or.jp

地上契約への変更手続きは「NHKふれあいセンター」へ電話する

地上契約へ変更するには「受信料関係のお問い合わせ先(NHKふれあいセンター)」へ連絡するしか手段はありませんでした。

ネットでの手続きが拒絶され、もしかすると一部の人はこの時点で諦めてしまうかもしれません。

「契約するのは簡単」でも「解約するのは困難」という経験をNHKに限らず、他サービスで経験したことがある人は多いと思います。

私も過去WOWOWの解約手続きで、延々オペレーターに繋がらず、繋がったら繋がったで解約理由だの、再開の可能性だの長話されてウンザリした経験があります。

今回も「電話嫌だな。このままでいいか。」なんて弱気にもなりましたが、家の大蔵大臣に尻を叩かれたこともあり、嫌々電話することにしました…

pid.nhk.or.jp

オペレーターとのやり取り

NHKふれあいセンターに電話するにあたって、事前にネットで情報収集。

結果、私が心がけたことは以下の2点。

  • オペレーターに繋がりやすい時間帯を狙う
  • BS放送が見れないことを簡潔明瞭に伝える

これらを踏まえて、いよいよ電話です。

オペレーターに繋がりやすい時間帯は16:00前後だそうで、実際私もこの時間帯に電話をして1発で繋がりました。

対応してくれた女性オペレーターは自動音声かと思うほど落ち着いた口調で、まず以下のことを尋ねてきました。

  • お客様番号(10桁)
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号

お客様番号が分からないケースもあるかもしれませんが、特に問題ないです。普通に身元を伝えればいいだけ。

そして本題である、契約種別を地上契約へ変更したい旨を伝えます。

私「引越してから気付いたのですが、BSアンテナ無くて衛星放送見れないんです。なので地上契約へ変更したいのですが。」

すると衛星放送視聴に関する問いが幾つかくるので、2つ目の心がけで対応します。

オペレーターからの問いは以下のとおり。

  • ケーブルテレビまたは光回線で視聴可能か?
  • 共用の衛星アンテナはないか?
  • 個人で衛星アンテナ(丸い皿とか言ってたw)立ててないか?

この3つの問いに全て簡潔明瞭に「ありません」とだけ伝え、こちらの要望は了承されました。

実に呆気なく要望が通ったので、変に不安になってしまったけれど、世帯支払率も80%超えて、昔のように無理くり衛星契約させようというNHKの姿勢は薄れつつあるのかな、なんて思ったりも。

まとめ

今回は衛星契約から地上契約へ変更した話をしましたが、衛星契約と地上契約の受信料の差額は2ヶ月払いで1,890円。年間にすると11,340円になります。

この記事で伝わるかどうか分かりませんが、変更は簡単です。

同じような環境にいて、まだ手続きしていない方の参考に少しでも慣れたら幸いです。

pid.nhk.or.jp

 

fumi2020.hatenablog.com

 

fumi2020.hatenablog.com

 

スパ王ネン【YouTube】

こんにちは。今回の動画紹介は、2009年F1ベルギーGPから短編ものになります。

f:id:fumi2020:20201020204504j:image
これまでキミさんはスパで4勝してますが、その中でも個人的に一番嬉しかったのがこの2009年。

悔しい思いで応援し続けた2008年に続き、クソマシンF60で苦戦を強いられたキミさんですが、得意のスパでついに覚醒。待望の、そしてこの年フェラーリ唯一の勝利を挙げます。

優勝を争ったのが設立2年目、未入賞だったフォースインディアに乗るフィジケラさんというのも印象的でしたね。

KERS懐かしいw

 


スパ王ネン

 

fumi2020.hatenablog.com

  

fumi2020.hatenablog.com

 

祝323戦【キミ・ライコネン】

こんにちは。F1キャリア出走323戦目。キミさん、ついに歴代最多出走記録です(祝)

とはいえ、本人は相変わらず新記録に無関心で、周りが勝手に「わちゃわちゃ」やってるだけな雰囲気はなかなか滑稽です。

f:id:fumi2020:20201013121103j:image

コースサイドには祝福する映像が。「アイスマンがアイスを食べる」ただそれだけ…でもキミ・ライコネンの最も印象的な小ネタの1つが紹介されていました。

↓その時の動画。すぐ消されちゃうと思うけど、アップしてみる。


アイス芸

まあ、強いて挙げるとすれば、

酔っ払ってクルーザーから転落したアレ

酔っ払ってイルカお持ち帰りしたアレ

酔っ払ってレース中に迷子になったアレ

なんかも紹介してくれたらよかったのに。(※注) 3つ目のは素面です。

クルーザーといえばこれでしょ。シュールで大好き。

f:id:fumi2020:20201012230026j:image

目次

2020年アイフェルGPを振り返る

予選

キミ・ライコネン:19位

前回に引き続きパッとしない内容で、私もパッとせずw

「19位には満足できないが、こういう結果になった。3周して、これ以上のスピードが出せなかった。最高のアタックではなかった。マシンの感触は悪くなかったが、もっと上位を期待していた。明日はもっとよい仕事をしなくてはならない。順位を上げるために頑張りたい。僕らに何ができるか見てみよう」

キミさん年間通して何回「見てみる」んだろ?今度カウントしてみよう。

決勝

キミ・ライコネン:12位

全体的にペースは悪くなかったけれど、流れが悪すぎたw スタート抜群で「いぇーい」だったのに…

 

f:id:fumi2020:20201013073044p:image

なんか前方で煙が…嫌な予感…

f:id:fumi2020:20201013073140p:image

こっち来んな!w

f:id:fumi2020:20201013073212p:image

華麗なステアリング捌き♪

f:id:fumi2020:20201013073247p:image

なんてやってたら大きくコースアウト。挙げ句にグロージャンから「ピー」言われる始末…お前に言われたくないw

f:id:fumi2020:20201013073400p:image

巻き返すネン!おりゃっ!

f:id:fumi2020:20201013073541p:image

あっやべ!w

f:id:fumi2020:20201013073614p:image

あうちっ!

f:id:fumi2020:20201013121503p:image

あちゃぱネン〜

f:id:fumi2020:20201013121518p:image

ごめんネン。ワザとじゃないネン。

 

10秒ペナルティ&フロントウイングにダメージと厳しい展開になりました(汗)

f:id:fumi2020:20201013074905p:image

ダメージ負いながらも流れがスムーズだったら、と思わせる走り。ジョビナッツィが入賞したあたり、開幕当初からすると「アルファロメオ向上中」といえそうです。

「最高の週末ではなかったが、昨日のあとでは、難しい仕事になるとわかっていた。レースのスタートはOKだったが、前のマシン数台を避けなくてはならず、順位を大きく落とした。もう少し上位になれたかもしれないが、セーフティカーのせいで順位を落とし、最終結果はよくなかった。苛立たしい週末だったが、これを忘れて次のレースで頑張らなくてはならない」

まとめ

今回も厳しいレースとなりました。どうしても下位スタートだとリスクが高くなり、アクシデントに遭遇しがち。それでもリタイアまで至らないのは流石というか、なんというか、ちょい微妙なところではありますがw、ひとまず記念のレースを無事完走してくれたのはよかったです。

あると思われた2021年の契約更新発表がなく、そのことだけがモヤモヤしている次第。うーむ。

f:id:fumi2020:20201013075707j:image

 

fumi2020.hatenablog.com

 

www.instagram.com

トト ヴォルフ机+【YouTube】

こんにちは。7年ぶりのニュルブルクリンクで行われるF1アイフェルGP初日は、悪天候のため中止に。アイロットやミック・シューマッハのグランプリデビューもお預けと、なんとも残念な1日に。

そもそも10月のニュルブルクリンク開催は気候的にかなり懸念されていたみたいですね。私自身、散々な目にあった2007年の富士スピードウェイを思い出し、現地の観客のためにも明日の無事開催を願うばかりです。

f:id:fumi2020:20201010030129j:image

さて、今回のYouTube紹介は「トト ヴォルフ机+」になります。

舞台は記憶にも新しい2019年のドイツ、ホッケンハイムメルセデスチームは、モータースポーツ発祥125周年を記念し、1950年代のレトロな装いで登場。今年とは正反対の「ホワイトメルセデス」でしたね。

トト・ヴォルフさんも、サスペンダー付きのバギーパンツ姿でダンディさに磨きがかかってます。うーんエロい。

そんなメルセデス&トトさんでしたが、結果はご存知の通り。動画ではフラストレーションが沸点に達したトトさんの机芸を堪能できます。

今年の「ブラックメルセデス」はどうでしょうかね。個人的にはまた机芸が見たいところですw


トト ヴォルフ 机+

 

fumi2020.hatenablog.com

 

聴き比べ ホンダV12【YouTube】

こんにちは。今回のYouTube紹介は【聴き比べ】ホンダV12です。

f:id:fumi2020:20201004215911j:image

動画の内容は、1991年日本GPのゲルハルト・ベルガーオンボード映像より、レース前半とレース後半の様子を収めています。

前半は当時のF1ファンには「お馴染み」のホンダV12サウンドが鳴り響いていますが、後半になるとエキゾーストパイプの損傷によって異なるサウンドを奏でています。

損傷しているので、当然ながらベルガーも丁寧に労りながらのドライブとなっていますが、なかなかどうして。当時も今も、私はこのレース後半のサウンドが病みつきになって仕方がありません。

ぜひ、ご堪能ください。

 


【聴き比べ】ホンダV12