F1山田さん

キミ ライコネンとレッドブル ホンダを応援する詳しくないF1好き。

NHK衛星契約を解約してみた【衛星契約→地上契約へ変更】

こんにちは。引越しから数日が経ちました。

手続きも一段落して、新しい環境にふと目を向けた時、様々な「小さな問題」が存在することに気付くものです。

その一つがNHKの受信料。

そう、日本国民の少なくない人々が「見ていないのになぜ払うんだ!」と怒っている料金です。

f:id:fumi2020:20201023060011j:image

なにが問題かというと、今回の引越し手続きにおいて、ネットから住所変更の手続きをしたわけですが、その過程で「契約種別」という項目をあまり深く考えず、今まで通り「衛星契約」で申請したわけです。

ところがどっこい、いざ引越してテレビを配線してみるとBSアンテナがどこにもない汗

朝ドラやチコちゃん、和久田麻由子が目的のニュースウォッチ9など、日本国民の(おそらく)少数派にあたる「NHKヘビーユーザー」の私ですが、さすがに視聴できないコンテンツにお金を払うようなマネは無理。契約変更を決意します。

結論から書くと、「衛星契約」から「地上契約」へ変更は簡単でした。

今回はその手続きの内容を、順を追ってお伝えしていきます。

目次

ネットからの手続きは「衛星契約への変更」のみ

NHKの契約変更はネットから手続き可能で、住所変更や振込方法など可能となっています。

ところが、肝心の「契約種別の変更」に関しては衛星契約への変更のみで、地上契約への変更はネットからはできませんでした。

このことからもNHKの意気込み、「1円でも多く徴収してやるぞ」という姿勢がよく表れております。

pid.nhk.or.jp

地上契約への変更手続きは「NHKふれあいセンター」へ電話する

地上契約へ変更するには「受信料関係のお問い合わせ先(NHKふれあいセンター)」へ連絡するしか手段はありませんでした。

ネットでの手続きが拒絶され、もしかすると一部の人はこの時点で諦めてしまうかもしれません。

「契約するのは簡単」でも「解約するのは困難」という経験をNHKに限らず、他サービスで経験したことがある人は多いと思います。

私も過去WOWOWの解約手続きで、延々オペレーターに繋がらず、繋がったら繋がったで解約理由だの、再開の可能性だの長話されてウンザリした経験があります。

今回も「電話嫌だな。このままでいいか。」なんて弱気にもなりましたが、家の大蔵大臣に尻を叩かれたこともあり、嫌々電話することにしました…

pid.nhk.or.jp

オペレーターとのやり取り

NHKふれあいセンターに電話するにあたって、事前にネットで情報収集。

結果、私が心がけたことは以下の2点。

  • オペレーターに繋がりやすい時間帯を狙う
  • BS放送が見れないことを簡潔明瞭に伝える

これらを踏まえて、いよいよ電話です。

オペレーターに繋がりやすい時間帯は16:00前後だそうで、実際私もこの時間帯に電話をして1発で繋がりました。

対応してくれた女性オペレーターは自動音声かと思うほど落ち着いた口調で、まず以下のことを尋ねてきました。

  • お客様番号(10桁)
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号

お客様番号が分からないケースもあるかもしれませんが、特に問題ないです。普通に身元を伝えればいいだけ。

そして本題である、契約種別を地上契約へ変更したい旨を伝えます。

私「引越してから気付いたのですが、BSアンテナ無くて衛星放送見れないんです。なので地上契約へ変更したいのですが。」

すると衛星放送視聴に関する問いが幾つかくるので、2つ目の心がけで対応します。

オペレーターからの問いは以下のとおり。

  • ケーブルテレビまたは光回線で視聴可能か?
  • 共用の衛星アンテナはないか?
  • 個人で衛星アンテナ(丸い皿とか言ってたw)立ててないか?

この3つの問いに全て簡潔明瞭に「ありません」とだけ伝え、こちらの要望は了承されました。

実に呆気なく要望が通ったので、変に不安になってしまったけれど、世帯支払率も80%超えて、昔のように無理くり衛星契約させようというNHKの姿勢は薄れつつあるのかな、なんて思ったりも。

まとめ

今回は衛星契約から地上契約へ変更した話をしましたが、衛星契約と地上契約の受信料の差額は2ヶ月払いで1,890円。年間にすると11,340円になります。

この記事で伝わるかどうか分かりませんが、変更は簡単です。

同じような環境にいて、まだ手続きしていない方の参考に少しでも慣れたら幸いです。

pid.nhk.or.jp

 

fumi2020.hatenablog.com

 

fumi2020.hatenablog.com